東京都市大学 校友会
 

20180219

          安藤ハザマ柏会 活動報告

 活動報告の前に、当社についてご説明をさせていただきます。当社は、2013
4
月に安藤建設(1873年創業)とハザマ(1889年創業)の2社が合併し誕生し
た、今年4月で6年目がスタートした新しい会社です。建築に強みを持つ安藤建
設と土木に定評のあるハザマが一緒になることでシナジー効果を発揮し、更なる
価値を生み出し、次なる時代に必要とされ選ばれる企業を目指しています。

 旧会社でもそれぞれ武蔵工業大学、東京都市大学OBOGの集りは開催してい
たもの、新会社発足以降は合同で集る機会もなく、複数のOBの方から新会社で

のOBOG会として正式に発足すべしという声が上がり、20168月に第1
目の懇親会を開催しました。当時、会社には我校OBOGが旧安藤建設出身11名、
旧ハザマ出身22名、安藤ハザマ入社組4名の37名(建築系23名、土木系14
名)が在籍しておりました。

最初の懇親会でお互いが初対面のメンバーもいる中、まずは自己紹介。『始めま
して・・平成10年〇〇研究室卒業の●●と申します・・・』『おっ!!〇〇研か!!
〇〇先生元気か?』『学生時代は尾山台商店街の◇◇というお店でアルバイトし
ていました』『本当?その店よく通ったよ!!会ってたかもしれんな!』など思い
出話に花が咲き、年代を超え、前から知り合いであるかのような和気藹々とした
雰囲気になるまでに時間は必要ありませんでした。また当日予定していなかった
2
次会が開催されたのは言うまでもありません。

その後も年1回程度ではありますが暑気払いや新年会を継続的に開催しており
ます。今年1月には新年会を開催しました。掲載の写真はその際、お店の前で集
合し記念撮影をした時のものです。この後もおなじように2次会へ流れていきま
した。現在、柏会メンバーは全国各地や海外にと44名が活躍しています。これか
らも同窓の仲間の集りとして先輩後輩の垣根を超えた楽しい会を運営していきた
いと思っております。

『安藤ハザマ柏会役員』(カッコ内は土建別、卒業年度、敬称略)

立川公彦(建S56 支部長)、高階成造(建S57 副支部長)、三戸春彦(建S63
 副支部長)、松本浩一(建S59 幹事)、鈴木克史(建H4 幹事)、鎌田賢児(土
H7
 幹事) 役員含め 合計44名(内、土木系職員20名、建築系職員24名)

報告者 高階成造(建築学科S57卒)  代筆 鈴木克史(建築学科H4

 

安藤ハザマ柏会 新年会を開催しました。

2018
112日(金)、新橋のスペインバル「リザラン」にて安藤ハザマ柏会の新年会を開催しました。

当会は現在、44名の現役社員で構成されていますが、当日は12名の参加でした。

12名のうち名古屋支店から3名、北陸支店から1名、OB1名と少ないながらも多方面からの参加で盛会でした。

また、1981年卒の立川支部長(名古屋支店副支店長)から昨年4月に入社した新入社員まで幅広い年齢層でした。

次回は暑気払いの時期にたくさんの参加となるよう更に企画を練っていきたいと思います。

 

 

支部お問い合わせ