東京都市大学 校友会
 
 

福島県支部総会が新聞に掲載されました。

62日(土)に、ホテルニューパレス(会津若松市)にて開催されました福島県支部総会・懇親会の記事が地元新聞 福島民友(H30.06.06)、福島民報(H30.06.06に掲載されました。


記事はこちらから
福島民報:東京都市大県支部が総会


 

福島県支部総会が新聞に掲載されました。

6
3日(土)に、いわき市の雨情の宿「新つた」にて開催されました福島県支部総会・懇親会の記事が地元新聞 福島民友(H29.06.10)、福島民報(H29.6.13に掲載されました。


記事はこちらから
福島民友:東京都市大校友会が総会拡大版
福島民報:東京都市大県支部が総会拡大版
 

平成29年度 福島県支部総会・懇親会を平成2963日(土)
総会15001700、懇親会 18002000をいわき湯本温泉「雨情の宿 新つた」で開催し、支部会員34名の皆様にご出席いただきました。
総会にて活動報告として、
いわき地域のものづくり中核企業を支援する「東京都市大学(TCU)産学連携いわきサテライトセンター」の取組み(原子力安全工学科羽倉助教)
いわき大王製紙(株)の企業概要(鳥取代表取締役専務)
「フラのまち宣言で地域を元気に」(「新つた」若松女将)について、それぞれお話をいただきました。
本部からは、吉田会長、衣斐常任幹事がご出席いただきました。
翌日64日(日)にゴルフコンペを開催いたしました。参加者11
なお、次年度の総会は、平成3062日(土)~1泊2日 会津若松地区で開催を予定しております。


 

福島県支部

櫛田 啓太伴(H17土木)

 

 福島県支部は、昭和26年(1951年)に設立され、会員数は約590名となっています。

 平成28年度福島県支部総会は、平成28年6月4日(土)に福島県福島市土湯温泉「向瀧」にて行われました。校友会から石田彌幹事と衣裴喜美子幹事の2名を来賓としてお迎えし、支部会員を合わせて総勢30名が出席しました。

今年度は、当支部で懸案事項であった「旧武蔵工業会」、「旧美砂会」の統合に伴う「旧美砂会」の方々の参加について、校友会本部の御尽力もあり、「旧美砂会」から4名の皆さまに出席していただきました。東京都市大学校友会福島県支部の新たなスタートです。

総会議事では、事業経過報告や収支決算、本年度収支予算案等について進められました。平成27年度事業経過報告では、郡山市で開催された支部総会(H27.6.6)、校友会定期総会への支部長出席(H27.6.20)、支部運営の功績による横山英夫氏(S32土木)の功労者表彰報告、郡山市で開催された大学と保護者との連絡会(H27.9.12)等が報告され、平成28年度収支予算案では、総会開催や校友会本部への総会出席などについて承認されました。

また、石田幹事から校友会の事業報告や「アクションプラン2030」の推進として、校友会との連携を基に、地方における東京都市大学の知名度向上への取組みを模索していきたいなどの報告や横山英夫氏から福島県支部のこれまでの歩みを報告いただきました。

 総会終了後、18時から懇親会を開催しました。年に1度の懇親会であるため、久しぶりに会う旧知の仲間や諸先輩、後輩とともに、様々な話題で大いに盛り上がりました。懇親会最後の締めには、毎年恒例である校歌を合唱し、和やかな雰囲気の中、懇親会が終了しました。

 翌日は、支部長杯ゴルフコンペが「安達太良カントリークラブ」にて開催され、7名のメンバーが参加し、石田幹事が3年連続優勝という快挙を達成されました。   

次年度の支部総会は、平成29年6月3日(土)にいわき地区で開催される予定です。今年度から旧美砂会の皆様にも出席いただき、新たなスタートを切った福島県支部ですので、ぜひ皆様、一度御参加いただければと思います。

 最後に、本総会が無事開催できましたこと、校友会ならびに支部会員の皆様に感謝を申し上げます。

 

以下は写真となります。

 


 

福島県支部とは

 福島県支部は、昭和26年(1951年)に設立され、会員数は約600名となっています。
 福県支部総会は県内4方部(福島、いわき、会津、郡山)の持ち回りで開催されており、平成27年度は6月6日(土)に郡山市の磐梯熱海温泉「栄楽館」にて行われました。
 校友会から松下正勝前会長(S40土木)、松村慶一副会長・支部委員長(S49機械)、石田彌常任幹事・財務委員長(S45電気)の3名を来賓としてお迎えし、支部会員を合わせて総
勢29名の参加となりました。今回で、41回目の開催となります。
総会では佐藤支部長(S37土木)の挨拶の後、御来賓の校友会会長の松下様、副会長の松村様、常任幹事の石田様からご挨拶をいただきました。
 議事は、例年通りに、事業経過報告や収支決算、本年度の収支予算案などについて進められました。平成26年度事業経過報告では、会津若松市で開催された支部総会(H26,6,7)、校友会定期総会への支部長出席、北海道・東北地区支部長会議への支部長出席、年会費納入者への総会資料・支部会員名簿の送付等が報告され、平成27年度収支予算案では、総会開催や名簿印刷費、校友会本部への総会出席などについて承認されました。
又、昨年からの課題となっていました、旧美砂会との統合について話し合われました。旧美砂会の福島県支部がないため、統合するにも旧美砂会の会員の方との連絡をどのようにすればよいのか等の課題があり、支部長をはじめ、役員の方々も苦労されているとのことでした。今回の校友会報をご覧になりました。
 旧美砂会会員の方から、ご連絡をいただけますと幸いです。最後に、来年の支部総会の開催地が福島市に決まり、総会は無事終了いたしました。
 支部総会終了後、18時から懇親会を開催いたしました。一年に一回の懇親会の為、旧知の仲間や、先輩後輩の仲間とともに、いろいろな話題で盛り上がりました。懇親会の最後には、
恒例の校歌を合唱し、にぎやかな雰囲気の中、懇親会が終了しました。
 翌日は、昨年から再開されました支部長杯ゴルフコンペが、郡山熱海カントリークラブにて開催され、校友会からの3名の来賓の方を交えて10名が参加、常任幹事の石田様が2年連続優
勝をされました。
 次年度の支部総会は、平成28年6月4日(土)に福島地区で開催される予定です。まだ参加されていない方々も、気さくで、明朗な方々ばかりの福島県支部ですので、ぜひ、一度御参加いただければ嬉しく思います。
 最後に、本総会が盛大に、無事開催ができましたこと、校友会ならびに支部会員の皆様に感謝を申し上げます。
執筆:田母神 吉典 (S61年土木工学科卒)
 

支部お問い合わせ

校友会事務局 koyukai@tcu.ac.jp